浴衣で楽しむ帯結び

半幅帯の結び方、いろいろあります。次回の着付教室では以下の結び方を教えます。

『パタパタ結び』『パタパタリボン結び』『風船結び(垂れなし)』『風船結び(垂れあり)』

浴衣を着て楽しむために、可愛い、カッコいい、粋な浴衣の帯結びを学びに【愛衣(めい)の会】浴衣の着付教室にいらっしゃいませんか!?(問い合わせからお入りください。お返事差し上げます)

通常、半幅帯の扱い方などに慣れていただくために、文庫結び数種から、矢の字、吉弥結びなどへと進むのですが、今回は教室の回数も少ないので、受講生のご要望に合わせて、上記の結び方を指導しています。

第1回目の前回は文庫結びでした。

今まで、着物はおろか、浴衣を着るのも全く初めての方です。 「浴衣なので簡単に着れるようになる」と思っていらっしゃるのではないかと察します。この考えは、今回の受講生のみならず、そんな考えの方が多いように思います。

まずは着物・今回は浴衣なので長襦袢の着方など気にしなくていい分、時間は短縮できますね。 でもお端折りの作り方、襟合わせなど、やはり着付の基本は抑えていきましょう。

さて、いよいよ帯です。 半幅帯なので名古屋帯・袋帯より簡単です。 さらには前で結ぶので自分で帯結びを確認することもできます。

だからといって、普通の紐でリボン結びをするように、簡単にはいきません。

手順を覚えなければなりません。幅も紐より広いです。

ひたすら練習に励み、帯の扱い方に慣れていく事です。

でも、そうすることで、意外と簡単だということがわかり、帯結びの楽しさ、浴衣を着る楽しさになっていきます。

今回のパタパタ結びは見た目、可愛く、格好良くて、でも簡単な結び方です。

羽のアレンジも自由です。ちょっと長すぎたら、どこかを引っ張って短いのを少し長くしてあげて、バランスを取ることができます。

名前のパタパタと言うくらいですから、簡単・自由・そしてカッコいい結び方ですね。

上にリボンを乗っければ可愛くなります。

お子様から、若い方などいいですね

風船結び

最後の風船結び、これもそんなに難しくはない と思いますが、風船(紙風船の形をきちんと折ることがちょっと ちょっと難しいかな!!

帯の長さが4mくらいあると、この風船結びに垂れを出すことができます。

ちょっと大人の雰囲気が出てきますよ。

次回は矢の字その他をご紹介します